こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

WRX S4 とWRX STI の違いを教えて・・

WRX S4 直噴ターボ”DIT  CVT
WRX STI ツインスクロールターボ  6速MT
の違いは理解しました。
単に、オートマ、マニュアルだけの違いでしょうか?
元々のプラットフォーム車って何ですか?
(LEGACY? Levoge? WRX専用?)
よろしくお願いします^^

投稿日時 - 2019-08-19 09:26:31

QNo.9647160

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

プラットフォームはWRX用に開発され、それがレヴォーグにも使われています。
S4とSTIの違いは、基本的にオートマとマニュアルの違いで、足回りやエンジン・駆動系特性はS4がややコンフォート寄りでSTIがスポーツ指向ですね。

投稿日時 - 2019-08-19 10:05:04

お礼

S4:レガシーからの派生車種
STI:レボーグからの派生車種
と、勝手に思い込んでいました。
WRX専用だったんですね^^
大変参考になりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-08-19 10:20:01

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

スバルWRXのS4とSTIとの違いは以下のように結構あります。

●エンジン
・S4:FA20型(221kW(300PS)/5600rpm、400N・m(40.8kgf・m)/2000-4800rpm、JC08モード燃費12.4~13.2km/L)
・STI:EJ20型(227kW(308PS)/6400rpm、422N・m(43.0kgf・m)/4400rpm、JC08モード燃費9.4km/L)※EJ20型はカムシャフトの駆動方式がFA20型のチェーン駆動とは異なりタイミングベルト(コグドベルト)なので定期交換(10万kmごと)が必要です。
●トランスミッション
・S4:スポーツリニアトロニック(CVT※6速マニュアルモード付)
・STI:6MT
●アイサイト
・S4:全車標準装備※GT-S及びSTI Sportはアイサイトセフティプラス(後側方支援+ハイビームアシスト+フロント&サイドビューモニター)対応です。(GTはメーカーオプション)
・STI:非対応
●AWDシステム
・S4:VTD-AWD(基本トルク配分前45:後55を基準に走行状況に合わせて連続可変制御)
・STI:マルチモードDCCD(AUTOモード時の基本トルク配分は前41:後59を基準に全域を電子制御※手動でロックからフリーまで6段階に変更することも可能)
●前後デファンレンシャルギヤ
・S4:前後ともにオープンデフ(非LSD)
・STI:フロント:ヘリカルLSD/リア:トルセンLSD
●ブレーキシステム
・S4:前17インチローター&2ポッドキャリパー/後17インチローター&1ポッドキャリパー
・STI:前18インチドリルドローター&brembo製対向6ポッドキャリパー/後18インチドリルドローター&brembo製対向2ポッドキャリパー
●タイヤサイズ&ホイールサイズ
・S4:225/45R18&7.5J(GT)または245/40R18&8.5J(GT-S及びSTI Sport)
・STI:245/40R18&8.5J(標準仕様車)または245/35R19&8.5J(STI Type S)
●フロント倒立式ダンパー
・S4:GT-S及びSTI Sportのみ
・STI:全車
●大型アンダーカバー
・S4:フロアのみ
・STI:フロント&フロア
●パワーステアリング方式及びステアリングギアレシオ
・S4:電動式/ギアレシオ14.5:1
・STI:油圧式/ギアレシオ13:1
●運転席シートの調整機構
・S4:10WAYパワーシート(GT及びGT-S)/8WAYパワーシート(STI Sport)
・STI:前後スライド&高さ&リクライニングの手動調整のみ(標準仕様車)/10WAYパワーシート(Type S)/8WAYパワーシート(Type SのRECAROシート仕様車)
●助手席シートの調整機構
・S4:8WAYパワーシート(全車)
・STI:前後スライド&リクライニングの手動調整のみ(標準仕様車及びType S)/8WAYパワーシート(Type SのRECAROシート仕様車)
●パーキングブレーキ(操作方法)
・S4:電動式(スイッチ式)
・STI:機械式(レバー式)
●スピードメーター
・S4:280km/hフルスケールメーター
・STI:290km/hフルスケールメーター
●フロントガラス
・S4:UV&IRカット機能付き遮音ガラス
・STI:UV&IRカット機能付きガラス
●スーパーUVカット機能付き&撥水加工フロントドアガラス
・S4:全車
・STI:Type S(標準仕様車はUVカット機能のみ)
●標準搭載されているバッテリー
・S4:75D23L
・STI:55D23L
●自動車重量及び重量税区分
・S4:1540kg/1.5トン超~2.0トン以下クラス(16,400円/年)
・STI:1490kg/1.0トン超~1.5トン以下クラス(12,300円/年)
※ただしメーカーオプションの「大型リヤスポイラー」「サンルーフ」「RECAROフロントシート」を装着すると車両重量がそれぞれ10kg増しになる関係で、これらのメーカーオプションを2つ以上選択するとSTIも車両重量が1.5トンを超えてしまい自動車重量税区分が1.5トン超~2.0トン以下クラス(16,400円/年)になってしまいます。
●フロントフォグランプ
・S4:標準装備
・STI:なし(ディーラーオプションにも設定無し)

…など。(間違いや情報の漏れがありましたらごめんなさい)

WRXのプラットフォーム(シャシ)はS4&STIともに基本的には共通でレヴォーグがベースですが、そのレヴォーグのプラットフォームは4代目インプレッサ(←WRXグレードは設定無し)をベースにした改良型です。

投稿日時 - 2019-08-20 10:08:33

お礼

詳細な回答ありがとうございます。
車選びも難しいですねぇ・・・

投稿日時 - 2019-08-21 04:06:01

 最大の違いはエンジンでしょう。 

 WRXSTIはボア×ストロークが,92mm×75mmのEJ20型。
 S4はボア×ストロークが,86mm×86mmのFA20型。

 EJ20型の基本設計は,1989年の初代レガシィからで,長年改良と熟成を重ねてきました。超オーバースクエア(超ショートストローク)のため,高回転に強く,実用車よりもスポーツ車やレース車に向くエンジンだったと思います。EJ20型はその特製からサーキットレースやラリー用としての存在意義があり,なお使われるでしょう。
 FA20型はボア=ストロークのスクエア型エンジンで,EJ20型より実用型エンジンに近いですが,新しいスポーツ型エンジンでしょうね。レヴォーグやBRZに搭載されています。

※(以下はおまけです)自分がかつて愛用していた初代レガシィBC5(VZ)のAT車もエンジンはEJ20型で,レッドゾーンは実用車なのに何と7500r.p.m.以上でした。
 40km/h巡航でも1500~2000r.p.m.のエンジン回転でした。現在の乗用車から見るとエンジン回転が高めですね。低速トルクが細めだったからでしょうか。2000ccレガシィも代を重ねて実用車のレッドゾーンは下がってきましたが,40km/h巡航での回転数は同じでした。
 比較のために紹介しますと,現在のインプレッサなどに搭載されているFB20型は,84mm×90mmのロングストロークエンジンで,リニアトロニックCVTとの組み合わせでは,Iモードでの40km/h巡航では1000~1100r.p.m.程度です。EJ20型とはだいぶ違いますね。

投稿日時 - 2019-08-19 17:07:15

お礼

EJ20と、FA20の違いは大きいですね。
スポーツ車の場合、FA20+パドルシフトが主流になっていくんでしょうねぇ・・・

投稿日時 - 2019-08-21 04:16:14

あなたにオススメの質問