こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

増設?ディープサイクル?バッテリ上がりの対策

車のFFヒータを付けていると、2時間程度でバッテリが上がりました。
停車中にもっと長時間付けたいのですが、どれが適切なのでしょうか。
標準で装備されているので、エンジン始動できなくなります。
車はベンツVクラスの準キャンピングカー仕様です。

(1)バッテリーの容量をひたすら大きし、消費電力を減らす。
(2)バッテリーの容量の合計を増やすため、普通のバッテリを増設する。
(3)ディープサイクルバッテリを増設する
など思いつきますが、FFヒータが始動用の12Vを使っていますので、どうしたものか困っています。

電池容量を見える化したいと思っています。

投稿日時 - 2018-12-21 18:01:32

QNo.9570031

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご自身で工作するという意味です。
FFヒーターはバッテリーへ繋がっているのでしょうけど、その配線を変更するという事です。

投稿日時 - 2018-12-21 20:16:09

お礼

うわ、そういう意味ですか?
車の仕様から考えて、それは普通やらない気がします。
FFヒーターの機構はポンプも複雑ですしね。。

http://kan-on.com/wordpress/wp-content/uploads/2018/11/mb-vito-d5wz-s.pdf

ただし、ヒーターのメイン線だけをディープサイクルバッテリーから採るっていうのは、今思いつきましたね。。で、あればまずディープサイクルバッテリー2個買ってみようかな。

どちらにせよスターターバッテリの増設はあまりメリットなさそうなので止めときます。スターターバッテリは最大まで容量を大きくすれば良いかもしれませんね。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2018-12-22 20:50:47

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

キャンピングカーであれば、始動用と電気製品用に別のバッテリーがあった方が良いと思います。エンジンが回っている時は両方へ充電し、停止したら切り離す。
製品用にディープサイクルバッテリーを使うのもいいですが、価格分だけ保つかといえば、必ずしもそうとは言えません。普通の鉛バッテリーでも使い切らないように注意していればかなり保ちます。(完全放電を繰り返すとだめですよ)
また、大きなソーラーパネルなどがあれば補助にもなります。

投稿日時 - 2018-12-21 18:25:07

お礼

FFヒーターの電源は始動用のバッテリから取られています。
選択の余地がない、ということです。ですが方法はあるはずです。

勿論ソーラーパネルも検討していますのが、それ以前にFFヒーターは走行距離÷2で計算しろと言われました。つまり結構電力は消費するようです。でも仕様書には37 ~ 10 Wと書いてあります。12Vで割ると、3Aくらいでしょうか??もともとバッテリーも弱い可能性もありますが、この際、新システムを導入したいので質問しています。

投稿日時 - 2018-12-21 18:53:02

あなたにオススメの質問