こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

シャシーブラック水性と油性どっちが強い?

自動車業界では水性を使用するとは本当ですか?
強さが違いますか?

アクリル 屋根のペンキなどよりも皮膜は
サビに対して弱いんでしょうか?

雪国ではアンダーコートを吹いたほうが
塩カル対策にいいはずなのにどうして車検ではシャシーブラック?
高くなるから???

サビは塩に対してどうしようもないし
10年以上乗る人少ないからですかね?

自分は20年とか乗ってみたい
錆びないようにメンテナンスしてチャレンジしてみたいんです
DIY 時間がないけど好きですし

あまり長期に乗ると部品が壊れて高くつくかもしれませんが・・・

毎年、あるいは2年ごとにアンダーコートを自分で吹いていこう
と思うのですが、車の長持ちには良いでしょうか?

投稿日時 - 2016-05-27 01:55:10

QNo.9178543

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

環境問題や作業者の健康問題から、いまや殆どの塗料が水性に変わっていっています。
水性、油性は溶剤の問題ですから、ちゃんと定着した後の性能は差が無くなって来ています。

錆びないようにする為の最大のコツはマメな洗車です。
塩分が付着しても放置しなければ塗膜が侵食されることはありません。

また、塩分が道路設備を侵したり、周辺の土壌に深刻な塩害をもたらすため、最近は融雪剤・凍結防止剤に塩カルの使用は減ってきています。

投稿日時 - 2016-05-27 10:20:30

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

製造ラインで使う塗料は炉で焼き付けますからスプレー缶とは全然違います。(アンダーコートについては知りません)シャシーブラックは端的に言って儲けのため、当地(無積雪地)でもその昔は黒く塗ってボルトナットのアタマに黄色ペンキを塗ってた。
一般的に耐水性は油性がまさるでしょう。(今年屋根に塗った水性が剥げてしまった。)
融雪剤対策ではクルマの底全体を保護するよりホイールハウスの周辺を点検して適時対策するのがいいように思う。マフラーや遮熱板はある程度錆びてもしかたないし交換部品と思えばいい。
雪国から買った中古が後輪の支持部でメッキはがれがあったけどそこを補修したらその後は特になし。

投稿日時 - 2016-05-27 06:48:24

ANo.1

錆びが原因で廃車になる地域では シャーシブラックを吹いてもドアとかに穴が空いてボロボロですよ 
逆に潮風も融雪材もほとんど無い地域なら 1度もシャーシブラックを吹かなくても20年程度は問題無いし

私のは1度もシャーシブラックは吹か無くて 車庫有りだけど 16年目でライトとか色あせ酷い事になってても 下回りは錆び一つ無い程綺麗な状態が保てる

投稿日時 - 2016-05-27 05:28:51

あなたにオススメの質問