こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アニメ・ガンダムのことです。

ガンダムシリーズ、SEED、SEED DESTINYを見たことある方に聞きたい事があります。

私は女性です。

最近、ガンダムのSEEDシリーズを見ました。もともと、ガンダムは勝手に男性向けだと思っていたので、見るつもりは全くなかったのですが、このSEEDシリーズは女性向けと聞き、見たら案の定ハマってしまいました・・・

DESTINYのスペシャルエディションというDVDを見つけ、それも見てしまいました。それは、テレビで放映された内容に更に詳しくなった状態になっていたんですが。。。

その最終巻の、エンディングが流れる本当に最後の部分で、主人公・キラがザフトの白い指揮官服?を着てるんですね?これは、戦いの後、ザフトに入隊したいう事を表しているんでしょうか?

また、ヒロイン・ラクスが後方に2人を従えて颯爽と歩いて行くシーンで終わっているんですが、これは何を言いたいのだろうと思いまして。。。

また、ガンダムを見るのはこれが初めてなんですが、なぜSEEDシリーズは女性向けだと言われてるんでしょうか?男性はSEEDシリーズを嫌がるのはなぜなんでしょう?

細かい質問になってしまって大変申し訳ないんですが、見た事ある方・何かわかる方いましたら、ぜひ教えて下さい。。。

投稿日時 - 2012-09-16 04:27:02

QNo.7699959

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まず最初に、このシリーズ。歴代のガンダムシリーズは一線を別物として当方は認識しています。
その上での、ファンの一人として、本筋の主人公は当然、キラとアスランの友情ですが、それ以外の背景として、とっても重要な役割をしているのが、同じ友情として描かれているラクスとカガリの二人の関係です。
しかも、二人の背後には、二つの国家。プラントとオーブを導く大きな背景があります。
ですから、実際の主人公はこの二人、ラクスとカガリだと考えると、二人のヒロインが主人公の少女向けと認識しても間違いないと思います。

まあ、受け止め方の問題ですから、どっちも受け止めても良いのでは。

それと、ガンダムシリーズは、内容を通して割と女性が大切な重要な位置にいるキャラクターが多く見られます。
まあ、その多くは、男性にはない母性と言う意味で、未来を積み重ねていくのは、子供が産める女性の方が強い。男性は、そんな女性達を悪しき力から守る役目。
と、言うのが、物語の根底に流れている気がします。

最後に、このシー図最後の件ですが、キラとラクスは将来婚約を約束し合います。
また、ラクスは空席となっているプラント議長の座に一番近い候補者として、理事会のメンバーの座につきます。
でも、アスランの父であった思想を今もなお信じている一派が、彼女の命を狙っています。
彼女、ラクスは地球。特に、オーブとの友好を強く望んでいる関係で、其れに反対する内部勢力から命を狙われています。
其の為の護衛として、特別にフェイス部隊のメンバーとして認められたのがキラのはずです。
またその逆に、アスランは完全にオーブへと移住。その際、ミリアとの婚約を求めてディアッカもオーブへと聞いています。
そして、シンとルナマリアの二人は再び、作り直されたミネルバ所属のMS部隊として配属。
ラクスを直属の上司として、ミネルバが地球。オーブを結ぶプラントの船として活躍とされているみたいです。

しかし、ここからは私個人的な妄想ですが、二人の間に、再び地球連合を隠れ蓑にしたロゴスがオーブに圧力をかけてきて、プラントとの関係は再び悪くなると思います。
そんな中、やがて、ラクスの周辺では、様々な地球との和平を妨害するテロがおこり、ラクスの新議長としての就任が危ぶまれる事が。
戦いは、再び、プラントとオーブ側の地球に分かれ、今度はカガリの敵としてラクスを守る為にキラが、アスラン達の敵として現れる。

なんて、妄想とかした事あるぐらい、お気に入りでした。

でも、今は、ユニコーンにぞっこんです。
初代の路線を引き告ぐ作品としては、まあ、悪くないと思っています。
ただ、MSは凄いですが、キャラクターが少し何ありですかね。

投稿日時 - 2012-09-17 09:09:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

「SEED及びSEED DESTINY」は確かに「美青年・美少年の等美形率高い」けど、「おっさん」も出てただろ!!
「アスランの父」(名前出て来ん)に「シーゲル・クライン」、キラに「水中戦仕掛けたおっさん」とか「砂漠編」の(ああ、また名前が・・・)とか。
1995年の「W」だけでなく、1996年の「X」も「女性視聴者を取り込む事」を意識しているしね。
「勇者シリーズ」「エルドランシリーズ」共に1作目から「腐女子」付いていたし、「いつまでも男だけをターゲット」にしていては「進歩ない」と「女性も取り込む試み」がされたんだ。
あと、「大河原邦男」御大が「ガンダムをデザイン」したのが「SEED DESTINYまで」なので、そこで「ある意味1つの終わりを迎えた」と思っている。
「OO」は「ティエレン」を御大が「デザイン」したらしいが。

投稿日時 - 2012-09-22 20:00:09

お礼

お返事が遅れてすみません。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-12 00:11:46

ANo.5

シードは楽しんで見させてもらいましたよ。
初代ガンダムを今作ったらこんな感じになるだろうなと思いながら見てましたね。
戦艦の兵装が単にミサイル、ビームでなく攻撃に合わせて細かく兵器使い分けたり。ガンダムが敵味方複数ある所なんかいまの風潮を反映してるなとか。
MSも人型だけでなく色々出てきて面白かったですね。

最悪なのがディスティニーです。
新しい主人公出したくせに結局主人公はキラ・ヤマト。
シードで完全に戦死したキャラを理由をこじつけ無理矢理復活。
「ザクとは違うのだよ」ってセリフを使いたかったってだけで、それまでの開発の流れから絶対に出来ないはずのザク、グフ(初代ガンダムのMS)を突然出してきた。
ジェットストリームアタックが使いたいってだけの理由でいきなり戦場にドムを投入。
きちんとそういう流れや使う理由を作ったうえでやったなら良かったんですがそういうのを全く考えず使いましたからね。
こういう初代ガンダムに泥を塗るような事を平気でやっておいて賛同を得ようってしてもどう考えても無理でしょ?

投稿日時 - 2012-09-17 00:40:31

お礼

お返事が遅れてすみません。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-12 00:10:35

ANo.4

凄くうろ覚えなのですが、ラクスがプラントの偉いさんになってキラがその護衛でザフトに入ったんじゃないのでしょうか?

ガンダムにおいて女性向けと最初に言われたのは「新機動戦記ガンダムW」ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0W

パイロットを美少年揃いにして戦わせていました。
実際女性人気も高かったです。

ガンダムファンには大きく分けて三種類います。

1.初代が好きで惰性で観ている者(最近のガンダムを批判的に観ているのはこの層)

2.最近のガンダムをロボットアニメだと割り切っている層(新規のガンダムファンもここに含みます)

3.女性向けとして好まれる(腐女子)層

OVAシリーズはともかくSEED以降のTV(ガンダム)アニメは女性層をかなり意識して作られていると感じます。
可愛い女性も出てきますが、美形男性が多いせいか「お姫様」展開や「逆ハーレム」展開が散見されます。

ロボットアニメとして割り切っている男性視聴者はそれなりに楽しんでいると思いますが、SEEDやAGEは初代ガンダムを意識しすぎているせいか、初代を観ていた層には若干引っかかる物がありますね。

変に似せずにオリジナルに徹すれば良いのにと思う事はありました。

投稿日時 - 2012-09-16 20:12:01

お礼

お返事が遅れてすみません。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-12 00:10:01

私はDESTINYのスペシャルエディションは見ていないのでその内容に関してはノーコメントですが

>ガンダムを見るのはこれが初めてなんですが、
なぜSEEDシリーズは女性向けだと言われてるんでしょうか?男性はSEEDシリーズを嫌がるのはなぜなんでしょう?

これに関してですが別にSEEDは女性向けとか関係ないと思われます。
私も男性で初代ガンダムからずっとガンダムシリーズ(OVA含む)見てきましたが
一番好きなガンダムがガンダムSEEDシリーズ、次にOOシリーズです。
SEEDやOOも十分男性でも楽しめる作品だと思います。

投稿日時 - 2012-09-16 12:57:39

お礼

お返事が遅れてすみません。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-12 00:09:22

>また、ガンダムを見るのはこれが初めてなんですが、なぜSEEDシリーズは女性向けだと言われてるんでしょうか?男性はSEEDシリーズを嫌がるのはなぜなんでしょう?

シードは見てないですが、なんとなくわかります。


昔は、ロボがもっと泥臭く、また、パイロット(顔の)平均年齢が高かったのです。
ガンダムやザクのようなモビルスーツは、おっさんの乗り物だったのです。


強すぎる主人公後ろに、おっさんや学徒動員で戦争に駆り出された人たちの生き様が垣間見れるような生々しさがあったように思います。

また、
画像のような、気味の悪いロボが、公共の電波にのって放送されるというような自由さもありました。


そういうのが相まって、なんといいうか、戦争ものが好きな男が喜ぶような雰囲気を醸し出していたのです。


シードは、みんな整形手術を受けたみたいな顔をしているし、薄汚れたおっさんはでないし、恋愛とかなんとか自分の身の回りのことばかりだし、ガンダムはもうどうやって動いているかとか考える隙も与えないくらいキレイでわけのわからない動きをしているし、、


見たいな理由で、ファーストとかが好きな奴は、あんまりSEEDとかはだめなんじゃないかなって思ったりします。


キラの載っている機体に、汚いおっさんたちが白兵戦を挑んで、モノアイに牛糞で塗りつぶして視角を奪って、関節に爆弾を設置して足をもぎ取るみたいな展開が好きだからかな、、


あんまり参考にはならないと思いますが、、

投稿日時 - 2012-09-16 08:26:27

お礼

お返事が遅れてすみません。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-12 00:08:46

おはようございます。

ガンダムを30年以上前から観てきた男性にとって、
SEEDシリーズはこじつけにすぎないのです。
ガンダムと呼ばれるのはシャア・アズナブルが生きている間だけです。
その他のガンダムは30年以上前の最初のガンダムを
知らない世代向けに作られたガンダムです。

投稿日時 - 2012-09-16 07:38:20

お礼

お返事が遅れてすみません。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-12 00:08:06

あなたにオススメの質問