こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「そもさん」、「せっぱ」の意味

昔、アニメの一休さんで問答をするときに「そもさん」、「せっぱ」と掛け声?をかけるシーンが何度もでてきましたが、どんな意味なのでしょうか?それから、現代風に訳した場合、なんというふうになるのでしょうか?
一応辞書で調べてみましたが、一つ一つの意味はなんとなくわかるのですが、会話のつながりとして、現代風にどうなるのか思いつきません。「問題出すよ」「受けて立とう」でよいのでしょうか?

投稿日時 - 2003-09-18 12:51:24

QNo.657999

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

辞書に載っているとおりです。
そもさん・・・"如何に"と言う問いかけ。
せっぱ・・・・"説破"言い破る事、説き伏せる事

現代風にだと「問題出すよ」「受けて立とう」というニュアンスで捕らえておいてよいと思います。

投稿日時 - 2003-09-18 12:56:00

お礼

やはり、現代風だと「問題出すよ」「受けて立とう」でいいんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-09-25 23:28:24

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

185人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 「そもさん」、「せっぱ」は禅問答をする場合のかけ言葉ですね。それで、nascarさんが仰るように、「問題出すよ」「受けて立とう」でいいです。

投稿日時 - 2003-09-18 12:57:20

お礼

回答ありがとうございます。
いまでも、禅問答をするときは「そもさん」、「せっぱ」のかけ言葉を使ってるんでしょうか?
友人に、いきなり「そもさん!」なんて言ったら「せっぱ」ってかえってくるかな(笑)

投稿日時 - 2003-09-25 23:32:37

あなたにオススメの質問