こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

バイクのチューブタイヤをチューブレス化に

バイクのチューブタイヤをチューブレス化に
こんばんは
先日、スポークホイールのチューブレスキットというのを
見ました。

スポークホイールは、ニップル部分からエアがもれるので
チューブを入れているらしいですが、このキットを使うことで
ニップル部分をふさぎ、チューブが要らなくなるというものです。
質問はこの場合タイヤ自体は使っていたもので
よいのでしょうか?

いままで当方は
「チューブタイヤはタイヤ自体が空気を通してまうから
チューブを入れるのだ!!」と思っていたため(ニップルが原因と知らず)
タイヤをそのまま流用して大丈夫かなぁと思っております。
(チューブタイヤのタイヤ自体は空気をためられるの?)
長文ですみません
よろしくお願いします

投稿日時 - 2010-11-04 18:14:46

QNo.6296933

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1セット持っています。
タイヤ自体は使っていたものでOKです。

装着にはコツが入ります。
丁寧に作業をしないと、エア漏れやバーストの可能性が高くなりますので、
お店で作業してもらったほうが良いですよ。

投稿日時 - 2010-11-05 23:41:44

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

タイヤのカタログを見ているとチューブレスタイヤのしかないはずのラインナップにチューブタイヤがぽつんと入っている場合があります。

これは、スポークホイールの車種にその銘柄のタイヤを履かせるために用意された特別な純正タイヤだと思います。

試してみないと判りませんがビートの硬さや構造が違う気がします。

投稿日時 - 2010-11-06 01:23:14

ANo.2

>チューブタイヤはタイヤ自体が空気を通してまうから

いいえ、通しません。
ホイールの空気を蓄えている部分の構造の違いなので。
チューブレスタイヤにチューブ入れてチューブタイプのホイールに
使うことは可能。
チューブタイプのホイールにチューブ無しでチューブレスタイヤ
使うと空気がたまらず漏れて使えません。

チューブレスのメリット
・パンクしてもすぐに空気が抜けにくい=高速では安全
・新しいうちはパンク修理が簡単ですが、磨耗して薄くなると
修理材を打ち込んでも利かずタイヤ交換となります。
・チューブがないので安くなると思いがちですが、チューブレス
のほうが元々タイヤが高く、チューブレスVSチューブタイヤ+チューブ
と金額的には大して変わりません。むしろタイヤ高いが工賃が安いか同等。

チューブタイプのメリット
・タイヤもチューブも同じサイズなら安い
・多少ひび割れしていても使えなくない
・サイズ、扁平率の選択肢は少ない

投稿日時 - 2010-11-04 20:45:25

ANo.1

チューブレスタイヤの内側全体にインナーライナーと呼ばれる薄いゴムの膜が張られていてそれがチューブの代わりをしています。

ですから、チューブレスタイヤは中にチューブをいれて使用することが出来ますが、チューブタイヤは中のチューブを抜いたときは使用することが出来ません。

それともうひとつ、チューブレスタイヤのビード部分はチューブタイヤより硬くリムに密着してタイヤが回転してずれたり空気が漏れないようになっています。

投稿日時 - 2010-11-04 20:09:13

あなたにオススメの質問