こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スポークホイールとチューブタイヤの関係

オートバイのタイヤについてですが、スポークホイール仕様のタイヤは何故チューブ方式を採用しているのでしょうか?
パンクでのトラブルが少ないチューブレスタイヤの方がメリットが多いと思うのですが…
スポーク仕様でも、セローなどの極一部のモデルはチューブレスを採用している事から、技術的には充分可能だと思います。
何故未だチューブ方式がメインとなっているか分かりません。
何が原因なのか教えて下さい。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-02-13 13:31:55

QNo.3771814

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

スポークホイールは、スポークを通す穴がたくさん開いているので、チューブレスタイヤを使えません。気密構造にするとコスト高になりますしバネ下重量が増えます。
スポークホイール採用バイクのほとんどはオフロードバイクなのを見ればわかるように、オフロード走行では、飛んだり跳ねたりしますので、悪路走行での衝撃吸収力に優れたスポークホイールが主流です。
また悪路ではタイヤの空気圧を低くして走ることもあるので、チューブレスタイヤは不向き。チューブタイヤはビートストッパーをつけて、タイヤがホイールから脱落しないようにすることが出来ます。

投稿日時 - 2008-02-13 14:33:53

お礼

ご回答ありがとうございました!
非常に良く分かりました。

投稿日時 - 2008-02-19 09:28:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

低圧走行でもビート落ちの心配が無い、仮に落ちても空気入れでビートを出せるから、かな?

トライアラーもチューブレスを使っていてセローはそれ用のリムを使ってますが、
トライアルも低圧ですが、長時間の走行は基本的にしないので。

原付スクーターなんかだと、まったくメンテナンスをしない人が多いので、空気圧不足で走行してタイヤを外しちゃう(ビートを落としてしまう)人がたまにいます。
チューブレスは空気圧でタイヤを密着させることで気密を保っているので、長時間の低圧走行は苦手ですね。

投稿日時 - 2008-02-13 19:52:05

お礼

ご回答ありがとうございました。
いろいろと勉強になりました!

投稿日時 - 2008-02-19 09:30:39

あなたにオススメの質問