こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

買取店とのトラブル(長文です)

先日、車をガリバーで査定してもらい、契約をかわしました。
オークションではなく、他のガリバー支店で、この車をほしいと言っている人に売られることになったという説明を受けました。

その後、何事も無く、買取金額も振り込まれたので安心していたのですが、本日ガリバーから連絡が入り、
「事故車なので契約違反で車を返すことになるかもしれない」と言われました。

何のことかわからず、「事故は無い」とつっぱねましたが、
後から妻に確認したところ、一度だけバックドアとバンパーをぶつけてしまったことを、私に隠していたらしいのです。
修理をした時に、「これくらいの修理は事故車にはならない」と、業者さんが言っていたので、買取に出すときも黙っていたそうです。

修理の内容を確認したところ、バックドアとバンパーの塗装と、少しだけバンパーの下のフレームを引っ張ったとのことです。

確かにフレーム修正ですが、事故車として扱われるほどのものなのでしょうか?また、査定の段階で見抜けなかった買取店側には責任は無いのでしょうか?

結果的には、虚偽の契約を交わしてしまった訳ですが、
買取店から入金されたお金は手をつけずに残してあります。
このお金を返して、車を返してもらうことは可能なのでしょうか?
(実際にかかったであろう陸送費や、クリーニング代の実費は支払うとしても)
これは損害賠償を請求されてしまうのでしょうか?

非常に困っています。
詳しい方からの助言をいただければと思います。

投稿日時 - 2006-02-24 22:26:50

QNo.1989343

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

修復歴車(事故車)の定義として、日本オートオークション協議会では、
『過去に交通事故その他の災害により、車体の骨格部位を損傷し、「修正」あるいは部品「交換」により修復したものをいう。』
としています。
フレームを引っ張ったということですから、フレームにフレーム修正機を固定した爪のあとがついていたのか、塗装のひび割れがあって発覚したのだと思います。

日本中古自動車販売協会連合会のサイトにこんな記載がありました。
「修復歴が表示されていなかったため、それを知らないで契約した買主は民法95条の錯誤無効を、また販売店が修復歴を故意に隠していたときは民法96条の詐欺取消により契約の効力をなくすことができることになります。」

あとは買取時の契約書がどうなっていたかです。
たとえば、中古車屋がメーターを巻き戻して販売した車をだまされて買った人が、あとでガリバーに買い取らせた場合、巻き戻しが発覚したらそれもその人の責任になるのかどうか、疑問です。

契約書を読み返した上で、消費者センターなどに問い合わせてみてはいかがでしょうか、
はかの方の体験なども、ぜひ伺いたいと思います。

参考URL:http://www.jucda.or.jp/qanda/qa05.htm

投稿日時 - 2006-02-24 23:24:03

お礼

ご回答ありがとうございました。
さっそくURLを参考にさせていただきました。
やはり修復歴有りにはなってしまうようですね。

こういった問題が持ち上がってから気がついたのですが、
契約書の控え等、一切渡されていません。
契約時も、内容や書類の説明は無く、次々に書面を渡され
ここに名前と印鑑をお願いします、というものだったので
どんなことが書かれていたのかすら分かりません。

契約を交わしている以上、今更どうにもならないのでしょうか。
あちらの対応次第では、確かに消費者センターや専門家に相談することも考えてみようと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-25 19:23:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

ご質問に対する答えではないですが・・・

ガリバーには近づかない方がいいですよ。口が上手いから^^;
この車は今いくら位するんだろう、という程度の無料査定だけに留めておいた方が。

投稿日時 - 2006-02-26 15:12:51

お礼

ご回答ありがとうございました。

本当にその通りのようです。
下調べをせずに、簡単に契約をしてしまったことも悔やまれます。
すべての買取業者がそうではないのかもしれませんが、
個人的には二度と近づきません。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-27 00:31:44

ANo.4

契約書の控えも渡されていないということであれば、「お金は返せない」で押し消れると思います。
プロの買取業者が、契約成約時に修復を見抜けなかったのだし、故意にだますつもりもなかったわけですから。

本来あなたに返金されるべき自動車税も、知らないうちに委任状を書かされて、その会社に返金されるようになっているのです。
説明義務があるのに、その説明も聞いていないでしょ。
そんな会社ですから、恐縮することはありません。
弁護士の費用もばかにならないので、相手は裁判まではしないと思います。
中古車屋にだまされて、事故車を買わされた人を何人も知ってますが、お金を返してもらった人なんて誰もいないですよ。

投稿日時 - 2006-02-25 19:48:01

お礼

ご回答ありがとうございました。

確認もせず、印を押してしまったこちらも愚かでしたが、
後々になって冷静に考えると、やはりあちらの対応には疑問を感じます。
買い取りというスタイルであっても、個人として契約を交わす訳ですから、具体的な説明があって然るべきですよね。

ガリバーという大手の看板を上げていても、
所詮フランチャイズの一店でしかないのでしょうし、
こちらも怯まずに対応していこうと思います。

回答者様には、知恵と勇気をいただきました。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-27 00:29:09

ANo.3

状況的に、かなり難しい話ですね。

修理暦に関しては、多少でもフレーム部分に修正が入れば修理暦ありとなります
ので、修理をした業者の説明に問題があります。

で、この件に関して貴方には瑕疵はないと思われます。
が、奥様に関しては、修理をした業者が「事故車にならない。」と言った事を
証明できないと瑕疵が存在する事になる可能性があります。
ただ、買取店の査定担当者についても、査定が業務である以上見落とした責任が
存在します。

で、プロが見落とすようなレベルの内容ですので、悪意を持って隠した場合を除き、
一般人に責任を問うのは御門違いです。
(裁判になったとしても、貴方や奥様の責任は問われないと思います。)

ですが、貴方自身が買い戻しても良いとお考えの状況ですので、まずは修理に関する
事のみを説明して、相手側と和解案を話し合う方が良いと思います。

また、和解案に関しては、買取店に側にも落ち度がある話ですので、修理暦の
有無によって発生した差額以上の内容は、過剰要求ですので拒否してかまいません。

投稿日時 - 2006-02-25 11:49:28

お礼

ご回答ありがとうございました。

結果的に、騙す形になってしまった以上、多少の金額を要請されてもやむを得ない、とは思います。
ただ、調べてみると、こういった買取店とのトラブルは多いようで、法外な金額を請求された、なんて話もありましたので、
あちらの対応を冷静に見極めて対応するようにします。

皆様のご回答から、買取店側にまったく責任が無いわけではない、という事がわかりました。これは非常に励みになります。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-25 19:37:13

ANo.2

フレーム(骨格)に多少でも修正跡が残っているのであれば、査定上の事故車になります。

詳しくは#1さんが回答されていますし同意見ですので省きますが、私がいたディーラーでは、すべて査定をした人間の責任でした。つまり事故車を見抜けなかった査定士(営業マン)が悪いと。もちろん罰則もありましたし。一応お客様には「事故等ありませんか?」という問診をして、実際はあるのに「無い」と言われたら詐欺になるはずなのですが、そういった場合でも問答無用で営業マンにすべての罪をかぶせられました(><)つらかったです。。。

投稿日時 - 2006-02-25 03:57:46

お礼

ご回答ありがとうございました。

担当の営業マンは、大事にはしたくないので、と言っていましたが、
これは本人の責任になってしまうので本部には連絡しないということなのかもしれませんね。

確かに、悪意があって黙っている方もいるでしょうし、
査定側の人間とすれば、悪意があっても無くても、結果は変わらないのでしょうね。

貴重なご意見をありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-25 19:30:40

あなたにオススメの質問