こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

長距離運転

経験のある方、是非教えて欲しいのですが、
福岡―東京間を正月にバイクで走るとどれくらいの
時間を要しますか?
ホテルのあるサービルエリアもあるみたいですが、
利用価値はあるでしょうか?
距離は1,200kmぐらいみたいなんで、80~100km/hぐらいで走れば半日ちょっとの計算にはなりますが、
まぁ無理でしょう。
長距離運転の経験がないもので、実践したことのある方、
体験談をお聞かせ下さい。

投稿日時 - 2004-12-21 01:56:29

QNo.1135654

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

どんなベテランの長距離ライダーも最初は現在の
あなたと同じ立場です。

ただ、我慢大会が好きならともかく、冬場はやめとこうよというだけです。

初夏や秋ならば、ぜひオススメしていました。

大型バイクだと長距離にはエンジンの負担や振動も
馬力も余裕なんで快適ですよ。

馬何匹に引っ張られて走っているのか?
そうぞうしてみてください。
寒いのも暑いのも、長距離も休み休みでないと
つらいのです。

あとは何とかなるです。

壊れる時は必ず、今までと何かしら違った異音が
聞こえてきます。これを逃さず、原因を早めに
追求してください。ネジのゆるみだったり、ネジが
飛んでいってしまったり、ほっとくとガタが小さいのが大きくなって、
締め直してとけば壊れなかったモノも壊れ高くつきます。

ちなみに調子良かった自分のバイクも最南端から
桜島まであと20キロというルンルン走行のところで、
ガキガキガキ、ガラガラポンとエンジン・ストップ。
ミッションが壊れ大分からフェリーで川崎まで。
でバイク屋に引き上げに来てもらった経験があります。

国産ならまず、大丈夫なんですけどね。
対応できるバイク屋も多いですし。

東京に行く運送屋捜して、ついでにバイクをのせて
もらうのが安いかも。

バイク運送だと平均4万円位かな? これだと割高です。

投稿日時 - 2004-12-24 04:59:05

ANo.13

以前に友人が福岡-東京間を一日で走ってきたことがありました。冬でした。1100ccバイクで、給油以外には一度も停まらずに、ここには書けない速度で巡航し続けて、13時間かかったそうです。

僕はツーリングに出ると一日にだいたい400~600キロと多く走るほうですが、その僕から見ても上記の友人は異常だと思います。友人は非常に頑強な男ですが、それでも相当つらかったはずです。

が、友人も実際に走りきることができたわけだし。

質問者さんの口ぶりから察するに「多少つらくてもいい、冒険がしたいんだ」みたいなところがありそうなので、そういうことであれば、やってみるのもいいのではないかなと個人的には思います。おそらく一日では着かないだろうし、多少どころか滅茶苦茶つらいだろうとは思いますが。

他の方も言っているように防寒対策を怠りなく、事故にはくれぐれも気をつけて、状況次第では諦めるつもりで、がんばって下さい。

投稿日時 - 2004-12-23 03:31:05

お礼

ありがとうございます。
おっしゃる通り、冒険とまで言わなくても、
「一度はやってみたい」的な気持ちです。
でもみさなんのコメントを読ませて頂いて、
経験も装備も不十分な状態で、
軽い気持ちでやっちゃいかんなと感じました。
事故りたくないし。
ありがとうです。

投稿日時 - 2004-12-23 13:06:11

ANo.12

NO.4です。コメント拝見させて頂きました。

あまり走っていないバイクだとエンジン・オイルを
全部抜いて新しく入れ替えないとオイルが垂れてくる
かも知れませんね。特に長距離だと古いオイル・シール
だとにじみが出てきたりして、最初はいいのですが
風でリアタイヤとかに付着するとカーブとかで
スリップする危険性がありますね。
まぁ、稀なんですが、長距離のトラブルとは普段の
調子良く走っている時からは考えもしない事が起きる
のですよ。
特に400ccだと寒いとはいえまめに休めないと
熱ダレしてくるかなぁ。
調子を悪くすような結果も覚悟された方が。

ちなみにフェリーのURLを書いておきました。
というのは帰る前にバイクのみ乗せるという手が
あるのですよ。で、時間差で有明港(お台場付近)
に届くのを引き取りに行く。これだと割安です。

時間指定をしなければ、空いている輸送便に乗せる
バイクの陸送も捜せば1-2万円であると思います。
以前、九州の方が手配してハーレーを東京から運んだ
経験があります。

少しずつ、距離を延ばすなり、簡単な処置の出来る
長距離経験者と暖かくなってから走るのが理想かも知れませんね。

参考URL:http://www.otf.jp/top.htm

投稿日時 - 2004-12-23 02:00:22

お礼

参考になるコメント、本当にありがとうございます。
熱ダレにオイルのトラブル。
どちらも自分には経験のないことで、
高速のど真ん中で発生しようものなら立ち往生です。
今回DIDDLさんを始め、多くの方に助言を頂きましたが、
自分の経験・装備をみるとやるべきじゃないと判断しました。ていうかびびってきた。
バイクもそれなりの物を手に入れて、装備もバッチリになった時に、
いつか実行したいと思います。
とはいえ愛車のCL400をいつまでも実家に眠らせておくわけにもいかないんだよなぁ~。
フェリーが年末年始運休なのがホント残念。

投稿日時 - 2004-12-23 12:59:33

ANo.11

もし、長距離運転がムリだと思ったら、フェリーを使うという手もあります。そうすればゆっくりと船中泊で目が覚めたら川崎に着いています。
宮崎県の日向から船が出ています。

参考URL:http://www.jships.or.jp/line/search.cgi?locate=09&line=

投稿日時 - 2004-12-22 22:22:19

ANo.10

5月に九州に行き、最終日に、山口の防府から一気に東京まで。
時間は9時くらいに出て18時くらいにはついてました・・・ってちょっと速いかな。

バイクはカウル付きの大型がいいですよ。振動が少なく風もあまり体に当たらないようなものならGOODでしょう。体に掛かる負担が少なくて楽です。

理論上1200キロなら100キロで12時間ですが、天候や渋滞、疲労などでかなり時間はかかるはず。

となると、一番重視しておきたいのが疲労です。
まずは当日までに体調を整えておくのは大前提で前日、もしくは出かける前に十分睡眠をとっておく事が大事です。

冬なので風などひかないように気をつけて行ってきて下さい。

PS、コーヒーは眠気はとれますが、体を冷やしたり、利尿作用があるので、コーンスープとか温かい食べ物で暖をとるのが良いようです。まめにサービスエリアなどで休憩して暖をとることも重要かな。

投稿日時 - 2004-12-22 00:24:35

お礼

やっぱり長距離にはそれなりのバイクが必要みたいですね。
もちろん時間をかけてのんびり走れば原チャリでもいいんでしょうが。
自分のCL400じゃ無謀な感じがしてきました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-23 12:46:05

ANo.9

18時間位
但し、真夜中の箱根越えなんてやりたくないので
途中で1泊すべきでしょうね。
天気次第で関ヶ原の前(京都)か先(名古屋)で
1泊する感じです。
あと、サービスエリアで宿泊できるのは、登りだ
と足柄だけで、まず飛び込みでは???です。

投稿日時 - 2004-12-21 14:38:27

お礼

みなさん書かれてますが、箱根はそうとうしんどそうですね。
走ったことないんで分かりませんが、
観光地で有名な箱根もライダーには恐ろしそうな場所ですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-23 12:39:50

ANo.8

ずいぶん昔、免許取立てのころに神奈川県から石川県まで片道500km程度を走行したことがあります。そのときは若かったせいもあって途中休憩1回20分+給油2回行って6時間かかりました。また、友人が神奈川県から大分県まで帰省したときに24時間以上かかっていたような気がします。実家についた後寝込んだと言ってました。

距離に関しては途中一泊するとかで何とかなりますが、問題は箱根、関ケ原、中国道の雪と防寒対策が問題になってきます。箱根はめったなことでは通行止めはないと思いますが、最悪は関ケ原でチェーン規制がかかるので、バイクは迂回せざるを得なくなってきます。

また、他の方も書かれてますが冬のツーリングは寒さとの勝負になりますので、装備の準備ができていないのであれば取りやめることをお勧めします。

投稿日時 - 2004-12-21 13:48:20

お礼

寒さとの勝負。みなさん経験者の方はそう言われてますね。
軽い気持ちでやっちゃいけないってことでしょう。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-23 12:36:05

ANo.7

昼間では500kmほどの行程を数回、夜間では400kmほどを1回走行しました。
主要高速道は物流の動脈ですので夜間は大型トラックが多く、結構スピード出すトラックも多いです。
出発前はこれくらいの速度で走ろうと思っても走行車両の多い区間では自然と周りの流れに合わせる走りをするので全行程マイペースでいくのは難しいです。
ずうっと景色の変わらない中では疲れに伴って注意力も落ちますので昼間の長距離走行よりもそういう点で厳しいと言えると思います。

雨まで降らなくても場所によっては霧が出る区間もあります。
500kmでも9時間弱はかかります。
お気をつけて

投稿日時 - 2004-12-21 12:46:00

お礼

確かに疲労いっぱいの体で変わらぬ景色の中を
ず~と走り続けるのは、想像しただけで
しんどさが伝わります。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-23 12:31:01

ANo.6

バイクは何ですか?それにもよると思います。
出来ればマルチエンジンでカウルの付いたモデルがいいと思います。

12月に600km高速オンリーで走った経験ですが
上下服装
発熱(ブレスサーモとか)のアンダーウエアー、薄手のフリスーの重ね着、ゴアウインドーストッパーのアンダー用、冬用のツーリングジャケット+張るカイロ

発熱靴下、ゴアウインドストッパーの靴下、ブーツに雨天用のブーツカバー

グローブはゴアウインドーストッパーのアンンダーグローブに冬用グローブ
バイク
出来ればグリップヒーターか格好悪いけどハンドルカバー
と重装備でバイクに乗らないときは汗をかくくらいで丁度良いです
これでも最後100kは冷えてきました。

とにかく1時間に10分の休憩とまめなエネルギー補給が必要
どちらにせよ1200を一度には無茶です
一泊しましょう。

投稿日時 - 2004-12-21 11:17:31

お礼

バイクはCL400。
とても高速で長距離なんぞ運転できるバイクではありません。
それは重々承知なんですが、どうしてもやってみたくて。
それにしても、防寒対策は本当に重要なんですね。
びびってきました。
肝に銘じて行動したいと思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-23 01:09:42

ANo.5

経験談で。昔東京から九州まで一気に走ることを二回しました。一回はエンジンが焼き付きました。(RZ250)もう一回は無事にたどり着きましたが24時間くらい掛かった記憶があります。最低限カウル付きのバイクを選びましょう。防寒対策はなおさらです。バイクも壊れる可能性がありますので点検はいつも以上に。上り坂はギヤを一つか二つ下げて走った方が良いです。でも、時間がたつにつれてめんどくさくなってきます。私はそれで焼き付いたような気がします。車でも走りましたが車の方が時間は早かったです。

投稿日時 - 2004-12-21 09:04:16

お礼

トラブルのことは一切考えてませんでした。
長時間となると、その面も考慮しなければいけないんですね。
言われてみれば当然のことですが、気にしてませんでした。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-23 01:05:11

ANo.4

自分はハーレーで北海道最北端から四国、九州最南端
まで色々と分けて行きました。

まぁ天気も良ったとして、快適なのは3日感コース
(神戸、伊豆泊)ですね。余裕なら4日間コース(倉敷、京都、伊豆泊)。
初日はエネルギーも気力もあるので距離を稼げますが
徐々に寒さと振動で疲労がたまります。

長距離走行は近場から徐々に距離をのばしていかないとトラブルの元です。

ましてや冬の高速の走行はかなり厳しいです。

夜に街乗りするのと同じようなものです。

つまり風は昼でも冷蔵庫のように冷たく、そして
長時間となると加えて振動が手、足、顔にきます。

つまり、クラッチ・レバーはきつく、アクセルも鈍くて、
シフト・チェンジもつらい、顔が痛い肩も腰も痛いと。

ましてや気温が低くなる方へ向かうわけですよね。

経験からすると平均300キロまでの移動が限界
ではないでしょうか? 500、600キロも
根性出せば可能ですが、次の日の走行、その次の日
とたぶん目的地に着いた日には体調を崩す可能性が
あります。

しかも地図の上と実際は違います。

名古屋からは東名の方が比較的直線で車線も広いので
楽かもしれませんが、景色はつまらないです。
中央の方が山をくねくねなので景色は良く面白い
ですがスピードも出せず、距離は少し長めです。
時期からすると長野あたりは雪に遭遇するかも知れませんね。

また、夕方暗くなったら高速の走行はかなり危険
です。特に中央道は真っ暗ですし、変なところで
止まったらかなり孤独感と身の危険を感じるかも
知れません。

朝が早いと比較的すいていますが、氷のように
風は冷たいですし、お昼頃からは都心部は渋滞が
多くてすり抜けに神経をかなり使います。

泊まりのオススメは健康ランドです。
ツーリングのサウナはスタミナ回復にはリフレッシュ
出来てピッタリです。ただ、体のエネルギーは実は
かなり消耗してしまうようですが、サウナに行くのと
行かないツーリングはグリーン車に乗るか乗らないか
位の差があります。食べ物も栄養満点のものを
いつもの2倍は食べておいた方が体調は崩しません。

多分、滋賀、静岡特に富士山のふもとあたりは厳しいでしょうね。
下手すると雪に遭遇して通行禁止区間が出てくる
かもしれません。バイクはツライし危険ですよ。

自分ならば天気と相談してフェリーの時間を見て
高知(夕方発の昼着)か徳島(昼前発の早朝着)まで
走ってフェリーで東京に上陸しますね。
他にも九州から東京間もありますが36時間は乗って
いたはずです。これはこれで、超ロング・フェリーはヒマで疲れます。
志布志から川崎間というのもありましたが。
これはショート・ツーリングとロング・フェリーの
組み合わせです。

途中雨に降られないか? 風はフェリーに乗っている
間、強くないか?

ちなみに冬の雨での高速走行はさらに厳しいですよ。

お金があるならバイクを陸送して、飛行機ですね。
これはVIPコースです。飛行機に積む方法も
ありますがガソリンを抜いたりかなり高いです。

自分はリジッド・フレームだったのでしまいには
300キロ以上からは頭痛に悩まされ今はバイクでの
ロング・ツーリングはあまりしなくなりました。

車なら夜中、大阪から東京まで平均時速150キロで
4時間ですけどね。白バイ、覆面も多く、特にバイクはスピード違反のマト
ですから昼間、天気が良くてもそう飛ばしてはいられませんよ。

くれぐれも気をつけてください。

投稿日時 - 2004-12-21 06:01:27

お礼

ありがとうございます。
色々な経験をされているようで、本当に参考になりました。
そんな経験豊かな方でも冬場の長距離は大変そうで、
今の自分は控えとくべきかなぁと思えてきました。
確かにフェリーが賢い選択でしょうが、
正月は運航していないみたいで残念です。
現在福岡の実家で眠っているバイクを東京に持って行く計画なんですが、
暖かくなるのを待つ方がいいのかもしれないですね。
よ~く検討します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-12-23 00:58:39

ANo.3

レストイン多賀ですね。
丁度中間点ですし、のぼりSAからも陸橋を渡って
利用できます。

8月に利用しました、
行きは予約で宿を取りましたが
帰りは735円の入浴と仮眠で十分でした。

目覚めは2回とも隣のレストランの朝食バイキングでした。

ひょっとして暮らせる?と錯覚しそうです。

参考URL:http://www.hello-square.or.jp/news/bn/bn_taga.html

投稿日時 - 2004-12-21 03:36:42

お礼

是非立ち寄ってみたいと思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-23 00:48:59

ANo.2

九州ではありませんが、年末年始に神奈川から神戸までバイクで走ったことがあります。
出発から10時間程度で着きました。(道のりで約500キロ)
#1の方もおっしゃってますが、高速道路の平均時速は休憩が入ったり給油などもあり60キロ前後です。
冬場は休憩が長くなりがちです。
また、そのときは渋滞もありバイクとはいえ時間のロスはかなりあったと思います。

太陽が出ているときは良いのですが、夕方以降、気温が下がると同時に体感気温はもっと下がります。防寒対策は万全にしておく必要があります。

私の場合は神戸から愛媛までフェリーに乗る予定でしたので時間との戦いもあり、到着した後は意識が薄れるほど寒かった覚えがあります。

また天候がよければいいのですが、福岡から東京となれば必ず一度くらいは雨の場所があったり、滋賀の辺りでは雪の心配もあり、バイクだとかなりキツイものがあります。
フェリーをうまく使ったりする方が良いと思います。

というより、私としてはお勧めできません。

投稿日時 - 2004-12-21 03:06:12

お礼

ありがとうございます。
雪かー。確かに雪は勘弁ですね。
間違いなくびびって走れません。
リアルな体験話ありがとうです。

投稿日時 - 2004-12-23 00:45:43

ANo.1

防寒対策をきちんと取り、晴天で途中に雪が無いのが前提です。

80-100kmぐらいで走った場合には、途中休憩や給油を入れると、平均時速では60kmー70kmぐらいになります。
1200kmですと、途中休憩が増えるので、最低でも20時間は見ておく必要があるでしょう。

以前、夏場に一日で1180km走ったことがありますが、16時間かかりました。
冬場では、夜間は冷え込むので一日での走行は止めておくべきです。(強調)
特に冷え込む御殿場付近で深夜になるので危険です。
日のある内だけの走行がいいでしょう。
気温は、10℃を境に体感が大きく変わります。

九州に行ったときには、行きは広島で一泊、帰りは熊本発で倉敷に一泊しました。
途中の滋賀県の多賀SAに宿泊施設がありますので、概ね中間点にあたるので、ちょうど良いでしょう。

長距離では、ライディング・ハイになり、疲れてくると休憩することが面倒になり、自然と無理をする事があります。
走行時には、一時間おきくらいに、定期的に休憩を入れる様、決めて走る必要があります。

途中では、岐阜あたりは雪が多いので、天気予報に十分注意をしてください。

防寒対策は、必要以上と思えるくらいでちょうど良くなります。
特に、ネイキッドでは注意が必要です。
防寒着として、アンダーーウエアー・シャツ・セーター・フリース・ジャケットの組合わせ。
下は、タイツ・厚手のズボン・オーバーパンツの組合わせは用意しましょう。
レインウエアーも、防寒具として使えるので忘れずに。その他として、オーバーグローブも必要です。
靴下は、アルミコーティングのものが意外と効果があります。
ただ、着込むと気温が上がると汗をかき、返って身体が冷えてくるので、スキー用などの汗を排出するアンダーウエアーがいいでしょう。

正直言って、長距離の経験が無いのであれば、冬場はお勧めできません。
上記は、これからの参考としてください。
フェリーの利用をお勧めします。

参考URL:http://www.otf.jp/top.htm

投稿日時 - 2004-12-21 02:46:34

お礼

具体的な体験談、ありがとうございます。
読んでて、冬場の長距離運転がいかに過酷かが伝わってきました。
軽い気持ちでやらないよう、よ~く考えて実行したいと思います。

投稿日時 - 2004-12-23 00:40:26

あなたにオススメの質問